> > クロムハーツ 財布 修理 | ビルウォレットのファスナー修理をご紹介

クロムハーツ 財布 修理 | ビルウォレットのファスナー修理をご紹介

クロムハーツ 財布 修理 | ビルウォレットのファスナー修理をご紹介

ご相談の多い、クロムハーツ財布修理をご紹介!!

今回は、2つ折り財布 ビルウォレットの外側ファスナーに付いているスライダーが破損してしまい、
ダガーが取れてしまったという修理案件です。スライダーとは、ファスナーを開け閉めする時にスライドさせるパーツ部分の事を言います。

以外と知られていないですが、CHROME HEARTSで使っているのは自社製とかではなく、
アメリカYKKのパーツとなり、元々ダガーパーツ用に作られているわけではないので、開け閉めの際の摩擦や付加がかかり過ぎて、
その結果スライダーが折れてしまうケースが多くあります。

クロムハーツの財布修理です。ビルウォレットのスライダー修理を致します。

この場合は、新しいスライダーと交換して、ファスナー修理を行うのですが、簡単に取替が出来る訳でもなく、
一度ファスナーを解いてからスライダーパーツを入れ込む作業と、ダガーパーツを固定する作業が必要となります。
※破損の多くは旧型の壊れやすいパーツを使用した製品ですので、修理に当たって使用するパーツは現行型と同様のパーツを使用します。

この作業も、技術のある職人でないと、縫製がおかしくなったり、糸のほつれが出てしまい、
その影響でファスナーやスライダーに絡まって直ぐに壊れてしまうケースも珍しくありません。

クロムハーツ財布のファスナー修理を致します。

大事なのは、クロムハーツ修理の経験と知識、特にファスナー修理の実績がある職人でないといけません。

G-BALLERに在籍しているレザー修理の職人は、クロムハーツの財布修理以外にも多数のレザー修理をこなしており、
他社で断られた修理案件でも対応が出来るだけの技術と経験を持ってます!!

高額なクロムハーツのジップウォレットだからこそ、しっかりとした修理が必要だと思いますので、
万が一、修理が必要になった場合は、ご安心の上、お気軽にご相談下さい!!

また、クロムハーツ財布はメンテナンスが大事ですので、修理後のアフターケアも対応致します!!

⇒ クロムハーツ財布修理 実績紹介へ